【セレブの間で人気アイテム】オーバーオールの自分らしい着こなし6選

【セレブの間で人気アイテム】オーバーオールの自分らしい着こなし6選

最近のセレブ界の間では『オーバーオール』が爆流行り中。

今回は、ファッションアイコンたちが“魅せる”着こなしをチェック!

1人目はルーシー・ヘイル

アメリカの女優・歌手。身長は157㎝。高身長過ぎない所と黒髪の彼女のファッションは、日本人女性にとっても親しみやすく、ファッションのお手本にしたくなる。

ショートパンツ・オーバーオール


高身長じゃなくても着こなしやすいのがショートパンツ。ルーシーが選んだのは、デニムの王様Levi’s(リーバイス)。

“幼い印象”の強いオーバーオール。ここでポイントなのは、合わせるアイテム

クールなホワイト・タンクトップを合わせるとぐっとオシャレにランクアップ。

ルーシーはサングラスにも細く繊細なゴールドの入った[Ray-Ban(レイバン)]を取り入れ、まとまりある印象に。
ごつめのゴールドを合わせてしまうと、一気にチープで幼稚な印象になるため、線の細いきゃしゃなゴールドアイテムを散りばめることで、大人オシャレに決まる。

Celine(セリーヌ)のバッグでさらに大人に

カジュアルな服装でも、手元にハイブランドを持てば、一気にきちんと感

【2人目】ヘイリー・ビーバー

ジャスティン・ビーバーの妻であるトップ・モデルのヘイリーハイセンスな彼女の着こなしは、いつも他のセレブとも差をつける。

Acne(アクネ)の肩のピンクが愛らしいオーバーオール

肩ベルトのピンクが可愛いアクセント。個性あるオーバーオールだ。

オーバーサイズがトレンドの今、ヘイリーが選んだのはワイドパンツタイプ。裾をわざと大雑把に折り上げて足首を見せ、スッキリ感を出すのがヘイリーのセンス。

インナーにはBrandy Melville(ブランディー・メルビル)のクラップトップ

ダボっとした中にピチッとしたアイテムでメリハリ。

足もとにはNIKE(ナイキ)×sacai(サカイ)コラボレーションの新作シューズ「LDWaffle」

2019年春夏メンズコレクションのランウェイにも登場し、注目を集めたシューズ。

スウッシュやシュータンを二重にしたハイブリッドなデザインかかとから出っ張ったミッドソールの形状が特徴的。

【3人目】ジジ・ハディッド

2歳にしてモデルを始め、数々の表紙を飾ったジジ。21歳の若さで900万ドル(約9億2,800万円)を稼ぎ、2016年世界モデル長者番付で5位に入るなど世間を騒がせた

ジジのオーバーオール・コーデがカッコイイ

つま先までプリントされたオーバーオール

アメリカのデザイナーが手がけるJeremy Scott(ジェレミー・スコット)の新作2019-2020秋冬コレクションでも紹介された、オーバーオールだ。

ブーツも一体となった、ユニークなオーバーオールが注目を集める。

【引き算ファッション】
シンプルな同じ色味の帽子でバランス

目立つ柄オーバーオールとバランスをとるために選んだのはシンプルな帽子。これで全体的にまとまった。

白の超ミニ丈のクロップ・Tシャツと見せブラ

攻めたデザインでも、上からオーバーオールを重ねることで、落ち着く

ジジのゴールド・アクセサリー

今セレブに人気なのは、ゴールド・アクセサリー。柄の入ったオーバーオールに負けない存在感あるゴールドが映える。

【4人目】エマ・ロバーツ

子役時代から活躍し、現在は女優と歌手業をこなす。エマのファッションポイントは楽ちんなのに、きちんと上品

エマの選んだ【楽ちんなのに上品に見せるアイテム】とは

ダボっとした楽ちんオーバーオール

レトロデザインのオーバーオールとデザインのあるニット・タンクトップの組み合わせが可愛い。

Ray-Ban(レイバン)のサングラス

ゴールドの縁取りが上品でカッコイイ。

ペタンコデザインの“LOUISE ET CIE”アンクルストラップ・シューズ

歩くのも楽ちんなのに、きちんと上品なアイテム。

FRAMEのバッグ

斜めがけにできて楽ちんだけど、きちん感も出せるから便利なアイテム。鮮やかなグリーンが上品だ。

【5人目】ヴァネッサ・ハジェンズ

『ハイスクール・ミュージカル』のヒロイン役で有名になった大女優。ファッションブランドBongo(ボンゴ)の広告塔としても活躍

ヴァネッサの見せる大人な着こなしとは

実はアラサーのヴァネッサアラサーだって、こんなにカッコいいオーバーオールの着こなしができる。

細いストライプ柄が“大人”に合う

ヴァネッサが選んだのはBDGのストライプ柄のデニム・オーバーオール。細い縦縞はスーツにも使われるように、“オシャレさ”と“きちんと感”の両方が出せる。

白のクロップ・トップを合わせたコーデ。見せすぎてない所も大人。

彼女の黒髪に合わせた“大人”なアイテムたち

CHANEL(シャネル)の靴

ヌーディーなカラー×黒が大人な雰囲気で足もとに馴染む。

adidas(アディダス)のファニーパック

ファニーパックとは、いわゆるウエスト・ポーチのこと。ヴァネッサは、肩にかけてショルダーバッグのように使いこなした

【6人目】ソフィー・ターナー

イギリス生まれの女優ソフィーが見せるのは、飾り過ぎないカントリー・ファッション

ソフィーの【セレブなカントリー・ファッション】とは

先ほど紹介した5人の彼女達と違って、まるでイギリスの牧場をイメージさせるような素朴なファッションが可愛い

オーバーオールはベルボトム

カントリーな雰囲気を出すのは、ベルボトム(ブーツカット)のオーバーオール。MANGO(マンゴー)のアイテムだ。

彼女の長い脚をより強調する。

ソフィーの選ぶアイテム

CELINE(セリーヌ)のサングラス

シンプルな服にもハイブランドをさり気なく入れるのが、ソフィーのプライベートでの着こなし。

Dior(ディオール)のスニーカー

トレンドにもなった真っ白なスニーカー彼女が履くとトレンドよりも、彼女の個性に見えるから不思議。トレンドに着られない所がカッコイイ。


如何だろうか。今回はパパラッチ写真から見るセレブ達の間で人気のアイテム“オーバーオール”をご紹介した。同じアイテムでもこんなにも個性を見せてくれる彼女達。セレブ・ファッションは、いつも新たなヒントをくれるのだ。

2019.09.26

関連する記事

最新の記事