スカーレット・ヨハンソンの左手薬指に、4000万円の輝く”巨大”エンゲージ・リングが!

スカーレット・ヨハンソンの左手薬指に、4000万円の輝く”巨大”エンゲージ・リングが!

7月20日にカリフォルニア州サンディエゴで開催されたコミコン(コミックなどを扱う大規模イベント)に、「アベンジャーズ」シリーズでブラック・ウィドウ役を演じた女優、スカーレット・ヨハンソン(34)が登場。
4月に米ロサンゼルスで開催された「アベンジャーズ/エンドゲーム」ワールドプレミアに出た時にはインフィニティ・ストーン(「アベンジャーズ」劇中で重要な意味を持つ6つの宝石)を身につけていたスカーレットだったが、なんと今回は燦然と輝くエンゲージ・リングを左手薬指にはめ、ファンの前に姿を現した。

当日のコーディネート

この日のスカーレットはトップが白、パンツが黒のジャンプスーツに身を包んでいた。お腹のあたりがカットアウトになっていて、タトゥーがちらりと見えている。

モノトーンのジャンプスーツを着用したスカーレット・ヨハンソン

この日のスカーレットのファッションで注目すべきは、何といっても身につけているアクセサリー。十分な輝きをもつピアスと小指のリングを完全に脇役に追いやっているのは、大粒のダイヤモンドが付いたエンゲージ・リングだ。

ダイヤのリングを付けたスカーレット・ヨハンソン

お値段は4000万円!?

今年5月、米TV番組「サタデー・ナイト・ライブ」の脚本家として知られるコリン・ジョスト(37)からのプロポーズを受けたスカーレットが、婚約指輪を公の場に着けてきたのはこれが初めてのこと。
セレブのニュースを扱う「Page Six」によれば、似た指輪の画像を公式インスタグラムに投稿している「Taffin」というジュエリー会社のオーナー兼デザイナー、ジェームス・デ・ジバンシー(55)が手がけた婚約指輪である可能性が高いという。

11カラットのライト・ブラウンのダイヤモンドが付いているこの指輪は、40万ドル(約4300万円)ほどするのではないかとみられている。

二年の交際を経て婚約したスカーレット・ヨハンソン&コリン・ジョストの交際が順調に続いているようで、嬉しい限りだ。

2019.09.02

関連する記事

最新の記事