「Kimono」撤回のキム・カーダシアン、アイディア募集中!?

「Kimono」撤回のキム・カーダシアン、アイディア募集中!?

6月に新しい補正下着ブランド「Kimono」を発表した“お騒がせセレブ”の米リアリティ・スター、キム・カーダシアン(38)。
このブランド名に関して、「着物とはまったく関係のないものに“Kimono”と名付けないでほしい」「日本の伝統文化に対して敬意が欠けている」と世界中から非難の声が上がっていた。
キムは当初、「それでもブランド名を変える気はない」としていたが、ますます高まる批判を受け、最終的にはブランド名を変える決断をしたようだ。

「まったく悪気はなかった」と釈明

たびたび来日し、日本と日本の文化に対して親しみを覚えている態度を示してきたキム・カーダシアンは、今回の件について「まったく悪気はなかった」と釈明した。
批判の内容が事実だったために「Kimono」の名前を変えるのではなく、そういうふうに感じてしまう人がいるということを認め、配慮しなければならないということで、ブランド名を変更することにしたという。
親日家で知られる彼女のことだ。悪気がなかったというのはおそらく間違いないだろう。

新しいブランド名のアイディアを募集!

かくして自身の補正下着ブランドに再び名前を付けることになったキムだが、まだ新しい名前は決まっていないらしい。「まだ新しい名前を付けていないのよね。ソリューションウェアっていうのはどうかしら? 他に何かいいと思うものはある?」と、ファンに対してアイディアを募るようなコメントをツイッターで投稿した。

自身の愛称“Kim”を日本の伝統衣装である着物とかけたネーミングは、それ単体で考えれば秀逸といって良いものだったので、代わりになるような名前が容易には思いつかないのかもしれない。

“お騒がせセレブ”の名に恥じない炎上ぶりをみせてくれたキム・カーダシアン。名前に関しては批判が集まったが、新ブランドの下着そのもののデザインとクオリティは一定の評価を得ているようだ。
結局は炎上商法大成功、ということなのだろうか。

2019.07.21

関連する記事

最新の記事