Alain Mikli

アラン・ミクリが1978年に設立したアイウェアブランド。
ブランドコンセプトは「見るための、そして見られるためのメガネ」。元来、メガネの役割は視力矯正や目の保護だったが、アラン・ミクリによる審美性と機能性、デザインと技術を調和させたアイウェアの登場は、業界の伝統をくつがえすこととなった。アランミクリは『一番大切な事はオリジナリティーであり、眼鏡の可能性を冒険的に模索する事である』と言っていた。